読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's raining cats and dogs.

無駄なことなんてないはず

nkfでファイルの文字コードを確認する

nkfはファイルの文字コードを変換したりするもんだと思っていたけど、文字コードを確認するのにも使えるらしい(そりゃそうか)

nkf--guess or -gというオプションを使う。

そういえば僕のmacにはnkfが入っていなかった。
$ brew install nkf
まずはutf8のファイルを作って文字コードを見てみる
$ cat utf8.txt
ほげほげ
ふがふが
$ nkf --guess utf8.txt
UTF-8 (LF)

おお

いろんな文字コードのファイルを作って文字コードを見てみる
$ nkf -s utf8.txt > shiftjis.txt  # shift_jis
$ nkf -j utf8.txt > jis.txt          # jis
$ nkf -e utf8.txt > eucjp.txt     # euc-jp
$ ls * | xargs nkf --guess
eucjp.txt: EUC-JP (LF)
jis.txt: ISO-2022-JP (LF)
shiftjis.txt: Shift_JIS (LF)
utf8.txt: UTF-8 (LF)

便利。

findとかで下の階層も再帰的にチェックしたら便利そう。

そういえば

僕のmacに入れたnkfだと-gだと改行コードなし。--guessだと改行コードありだった。